カナダの幼稚園が始まって驚いた3つの事

子育て 学校 Sep 14, 2016

ハンナの幼稚園、遂に始まりましたー!長かったようで短かった5年。これからはどんどん私の手を離れて、学校で過ごす時間が増えていくんだろうなー。そう思うと、、嬉しいけれど、ちょっぴり寂しい気も。何も言わないけれど、やっぱり多少緊張しているだろうなーと感じる娘、そして私自身も母として、これからの毎日のお弁当作り、先生や他のカナディアンママ達との交流、そういった新しい生活に正直緊張していますが、頑張るぞー!

 

ま、そんな訳で始まったハンナ&私にとってのキンダー生活。カナダでは、Kindergarten と呼ばれ、日本でいう、いわゆる幼稚園。ただ1年しかなくて(州によってはJunior Kindergarten と呼ばれるものがあって合計2年)、小学校に併設されています。小学校前の予備練習、そんな感じですねー。ここから公立の学校であれば、授業料無料となります。色々先輩ママ友に聞いてはいましたが、キンダー始まって、自分で実際体験して、日本との違いに驚きましたねー。いや、本当に違う!!っという事で、今回は私が驚いた3つの事をお話したいと思います。

 

その1  始業式がない

日本のように、子供達も親もピシっと服装を決めて式に臨む。そんなのいーっさいありません!しかもハンナの学校は、1クラス20人位なんですが、初日は3グループに分けられたので、会ったクラスメートはたった6人。しかも、教室で担任の先生含めて1時間ちょっと会っただけ。校長の話を聞いて、娘の晴れ姿にちょっと涙して、なんてドラマティックなものは全くありませんでした。

子供は多少オシャレしてる子もいましたが、親なんて基本普段着。キャップ被ってるお母さんもいましたからねー。スーツ?!そんな人いません、いません。私も話は聞いていたので、日頃の普段着よりも、ちょっとだけオシャレして行きましたが、十分すぎる程でした。

しかも終わって学校を出て、やっぱり写真くらい、と思って学校をバックに写真撮りましたが、みんなさーっさと帰って行って、写真撮ってるのも私達だけ(苦笑)。ま、多少学校によって違いはありますが、こんなもんなのねー、って言う位あっさり終わった初日でした。

 

その2  学校によって全てが違う

日本だと、始業式の初日があって、それから大体日程が決まってます。が、さすがカナダ。学校によって全く違います!大体の学校は、9月の第一月曜Labour Day (祝日)が終わった次の日の火曜から始まるんですが、うちの学校は、キンダーの子だけは火曜も休みで、水曜からのスタートでした。同じ市内でも、他の学校はキンダーの子も火曜から始まってたりで本当に様々です。

また、日本同様、慣らし保育みたいな感じで、最初は1時間くらいから始まって、徐々に時間が長くなってくんですが、これもまぁ学校によって全然違います。うちの学校は、午前組・午後組と分かれて、一日交代で午前と午後を体験した後、3日目からはもうフルで始まります。でも他の学校は、1時間ずつ長くなっていって、1週間以上かけてフルにもっていく所もありません。もう本当に学校の方針次第。周りのママ友と話をすると、あまりの違いにビックリする事もしばしばです。

余談ですが、登校時間も、学校によって様々なんです。大体の学校が、8:45前後~14:45前後となっていますが、結構47分とか、そういう中途半端な時間に設定されてる学校もあるんです。何、その47分って!45分か50分、どっちかでいいんじゃないの?!と思いますよねー、日本人的には(笑)。中には、もっと早く始まる学校や遅く終わる学校もあるみたいです。いやホント、学校によって違いすぎて、他の学校へ通うお母さんと話すと驚く事が結構ありますね。

 

その3  学校にスナックタイムがある

カナダの学校は、午前中にスナックタイムがあります。えぇ、日本より登校時間遅いのに、午前中におやつの時間があるんですよー。ラッキーな子供達(笑)。なので親は、お弁当とおやつ、両方準備して持たせる事になります。そしてなんとハンナの担任の先生は、午後にもスナックタイムを設けているので、私はスナックをもう一食分準備しないといけません。すこぶるラッキーなハンナ!

思えば小学生の頃。よくお腹がすく子だった私は、お昼前の授業だと、お腹がぐぅぅぅぅっと鳴るのと必死に戦ってたなぁ(苦笑)。だって体育の授業があった後とか、お腹すいてますよね?!そう思うと、授業に集中させるって意味でも、スナックタイムは必要かなー、と思う私であります。

 

いかがでしたか?きっとこれからも驚く事がいっぱいだと思いますが、違う文化を楽しみながらやっていきたいと思います!

 

Close

50% Complete

Two Step

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.